竹屋町刺繍訪問着

竹屋町刺繍は織物のように映る刺繍で、
繊細で格調高い美しさが特徴となっています

簡単そうに見える刺繍ですが、とても奥の深い根気と集中力が必要な作業です。

この刺繍は、平金糸・平銀糸・色糸を用いて文様を繍っていく技法です。

台裂が紗で、その縦糸に従って緯糸をすくい縫し、
図柄を構成するのを基本としています。

縦糸緯糸が交差しながら布の間を通ることにより、
もとの生地の上に一枚の金襴をのせているような格調高い仕上がりになります

飛鳥時代に信仰から仏像を刺繍で作る、繍仏(しゅぶつ)といわれるものが
刺繍の始まりのひとつといわれております。

今回ご紹介するのは竹屋町刺繍訪問着
クリーム地と裾に広がるグリーン地の絶妙なぼかしに
金銀の箔をほどこし、菊や竹、橘など古典模様を描いております。

結婚式のおよばれ パーティー お茶席 入学式 卒業式 七五三 新年のあいさつ など幅広くお召しいただけます。

お仕立てをご希望の方は
胴裏代 ¥12,960 仕立て代 ¥28,500
別途必要になります。

¥ 480,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About