久米島紬


久米島紬は、沖縄県の久米島に伝承されている絹織物で
15世紀頃にはすでに養蚕がおこなわれていたと言われており
17世紀に琉球王府への貢納布に定められて以来、
御絵図に代表される絣のほか、縞、格子などの織物の製作技術が
高度に発揮しました。

現在の久米島紬の制作技術は、王府時代以来の伝統を守り、
養蚕から始まり、糸作り、糸くくり絣、天然染料による染色、手織りなどなど
手作業による技法です。

原材料と染色に大きな特色があり、すべて天然の材料が使用されており、ほとんどが島内産です。


養蚕及び桑の栽培は一時中断していましたが、
近年再び行われ、技術の伝承が図られるようになりました。

久米島紬は、芸術価値が高く、工芸市場重要な地位を占め、かつ、
地方的特色が顕著な染色物でもあり
平成16年9月に重要無形文化財に指定されています。


重要無形文化財に指定される条件が

糸は、紬糸又は引き糸を使用すること

天然染料を使用すること

絣糸は手くくりであること

手織りであること

という事をご存知でした。


この一貫した手作業を一人の職人が行って製作されるところにも
久米島紬に対する思いも感じられ、しなやかな風合いが着心地を
よりよくしてくれます。





作家 松堂洋子
染料 椎染
長さ 約13メートル

この製品は天然染料を使用しているため
多少の色落ちがあります

食事会 同窓会 旅行 観劇 歓送迎会 普段のお出かけ など

¥ 298,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About