みんさー角帯

ミンサー織
沖縄県八重山郡竹富町・石垣市が産地の織物で、市松模様のように図案化された絣の柄が特徴的です。この絣の文様を「玉」と呼び5つと4つの玉で構成されており布の両側にはムカデの足のように細い線で縁取りがあります。
かつて島の娘たちが婚約のしるしとして愛する人に藍地に白の木綿絣の角帯を贈りました当時は「通い婚」だったため、男性が心変わりしないように「どうかいつ(5)の世(4)までもムカデの足のように足繁くお通い下さい」との願いを込めて絣柄を織り込みました。
主に琉装の角帯として用いられていましたが、現在では財布や小物入れなどの民芸調小物をはじめ、半幅帯や名古屋帯も織られるようになりました。
今回ご紹介するのはみんさー織の角帯です。
浴衣はもちろんカジュアルな着物にも使用していただける角帯です。

素材 綿100%
サイズ 長さ 約4メートル 巾 約10センチ
草木染 科学染料 手織り

¥ 23,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About